自己破産後でも借入したい

自己破産後でも借入ランキング

ブラック融資

 

ブラック融資

 

ブラック融資

自己破産とは

借金をしてしまうというのは、生きている上で少なからず誰でも経験があることではないでしょうか。
ただ、その借りる相手が例えば親であったり兄弟であったり、あるいは友人であったりといった場合は、余程の事がない限りは深刻な状況にはならないでしょう。

 

一方、消費者金融などに借金をしてしまった場合は、返済状況によっては人生が狂いかねません。
特に近年はキャッシングローンを始め、カードを使った安易なキャッシングが目立ちます。
キャッシングの審査も年々甘くなっており、ある程度返済能力が欠如している事を承知で融資する所も少なくありません。

 

その結果、ここ10年で借金を多大に背負うことになった人はかなり増えました。
悪徳業者に騙されて、という人も依然として多い一方、完全に自己責任で借金を返済不可能な状況にまで陥ってしまった人が増えているのです。
そういった人たちが最後に望みを託すのが、自己破産という制度なのです。

 

自己破産とは、簡単に言えば、債務者が返済能力を著しく失い、経済的に破綻している状況の際、もう支払う能力はないと裁判所が判断した場合、債務者の身の回りの物を全て換価することで、借金を返済する義務を免除するという制度です。
もっと簡潔に言えば、ない袖は振れないのだからもういいよ、という事です。
ただし、必要最低限の生活費や財産以外は全て没収され、尚且つその後の生活に少なからず制限がなされます。

 

とはいえ、この自己破産によって、借金が帳消しになることは事実です。
この制度を利用する事で、もうこの世に生きることすら難しいという状況になっても、救われるというケースが数多くあります。
自己破産とは、国が設けた、個人に対しての救済措置なのです。

自己破産と初心者

自己破産の初心者とはちょっとおかしな話ですが、実際に自己破産慣れしている人もいると言われています。
自己破産を繰り返しているのです。
自己破産をしてから7年間は自己破産できません。
しかし、それを越せば、法律上は自己半産の申請ができるのです。
自己破産のデメリットは借金ができないことや財産を持つことができないことです。
繰り返している人はそれをデメリットと感じていないのでしょう。
借金を踏み倒すことで、自分のメリットとなっているのでしょう。
初心者のために自己破産について、少し説明しましょう。
借金が払えなくなったらあなたはどうしますか。
別の会社から借金をして、当面の返済に充てますか。
少額であれば問題ないかもしれませんが、これが破滅の始まりです。
借金がどんどん増えていき、自己破産をせざるを得なくなるのです。
もちろん、自己破産をしたからと言って、社会的に葬られるわけではありません。
人間として社会生活を営むだけの資産は残るからです。
要は考え方によるのです。
自己破産が最終手段だと考えていると、そのことだけで落伍者となってしまいます。

借金を免責してもらうことで、新しい人生の門出となると考えませんか。
もちろん、財産だけではなく、仕事や家、車、そして信頼を失くしてしまうかも知れません。
しかし、それでも生きていけないわけではありません。
毎年、たくさんの人が自己破産をしている現実があります。
ただし、最近では自己破産の件数が減少していますが、借金を作る人が減ったのでしょうか。
実は借金で周らなくなる人は変わらず、自己破産のデメリットを理解して、他の債務整理の方法を選ぶ人が増えたのだそうです。